読売新聞オンライン

メニュー

交通安全指導にも使用…車検切れ公用車、業務で計148キロ走行

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 秋田県男鹿市は16日、同市生活環境課が車検切れの公用車1台を業務に使っていたと発表した。同課によると、7月4日に車検の有効期間が切れていたが、5~15日のうち4日間で3人の職員が計148キロ・メートルを走行したという。車両は同課の交通安全指導などに使用されていた。

無断転載・複製を禁じます
2216141 0 社会 2021/07/18 14:33:00 2021/07/18 14:33:00 2021/07/18 14:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)