読売新聞オンライン

メニュー

捜査員、温泉客になりきって張り込み数か月…小銭入れ盗んだ男を取り押さえ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 温泉施設で小銭入れを盗んだとして、熊本県警菊池署は17日、住所不定、無職の男(41)を窃盗容疑で現行犯逮捕した。温泉客になりきって張り込んでいた捜査員が取り押さえた。

熊本県警察本部
熊本県警察本部

 発表によると、男は17日午前0時20分頃、菊池市の温泉施設の脱衣所で、入浴中だった菊陽町の会社員男性(52)のバッグに入っていた小銭入れを盗んだ疑い。

 被害の多発を受け、捜査員は数か月前から、温泉に入るそぶりを見せたり、入浴を終えて着替えるそぶりをしたりして張り込んだ。取り押さえられた男は驚いた様子で、「悪いことをした。弁解はない」と容疑を認めているという。同署は余罪を追及する。

無断転載・複製を禁じます
2215968 0 社会 2021/07/18 11:28:00 2021/07/18 11:28:00 2021/07/18 11:28:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210718-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)