読売新聞オンライン

メニュー

ただただ会いたい・胸が張り裂ける思い…京アニ事件2年、現場で追悼式

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 36人が犠牲になった京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオの放火殺人事件から2年となる18日、発生時刻の午前10時30分頃に合わせ、第1スタジオ跡地に設営された会場で、追悼式が行われた。

追悼式のためテントが設営された京都アニメーション第1スタジオの跡地(17日午後、京都市伏見区で、読売ヘリから)=杉本昌大撮影
追悼式のためテントが設営された京都アニメーション第1スタジオの跡地(17日午後、京都市伏見区で、読売ヘリから)=杉本昌大撮影

 八田英明社長や遺族らが参列。同社は新型コロナウイルス感染防止のため、ファンらには来場は控えるよう呼びかけた。

 ユーチューブの公式チャンネルでは追悼動画が配信され、黙とうの時間が設けられた。

 動画では匿名で遺族や関係者のコメントが紹介された。

 ある遺族は「ただ、ただ、会いたい あなたに会いたい 叶わぬ事だとわかっていながらも あの日からずっと願い続けています」と悲しみをつづった。

 また、あるスタッフは「一緒に未来を作り上げていくと信じていた大切な仲間が今ここにいないことが何よりも辛く、胸が張り裂ける思いです」「心の会話を交わしながら、これからも一緒に作品を創り続けていきましょう」と犠牲者に呼びかけた。

 事件は2019年7月18日午前10時30分頃に発生した。ガソリンがまかれて放火され、3階建てが全焼。中にいた70人のうち、36人が死亡、32人が重軽傷を負った。

 京都地検は昨年12月、無職青葉真司被告(43)を殺人や殺人未遂など五つの罪で起訴したが、青葉被告は事件で重傷を負って治療中で、公判が始まる見通しは立っていない。

無断転載・複製を禁じます
2215891 0 社会 2021/07/18 10:52:00 2021/07/18 13:29:22 2021/07/18 13:29:22 追悼式のためテントが設営された京都アニメーション第1スタジオの跡地(17日午後1時35分、京都市伏見区で、本社ヘリから)=杉本昌大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210718-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)