読売新聞オンライン

メニュー

熱海土石流、遺体の1人は行方不明の38歳と判明…死者15人に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

被災した建物とその周辺で行方不明者の捜索を行う消防隊員(17日、静岡県熱海市で)=早坂洋祐撮影
被災した建物とその周辺で行方不明者の捜索を行う消防隊員(17日、静岡県熱海市で)=早坂洋祐撮影

 静岡県熱海市で起きた大規模な土石流災害で、市は18日、16日に遺体で発見された1人の身元について、行方不明になっていた臼井直子さん(38)と判明したと発表した。また、17日に遺体で見つかった2人が災害死と確認され、18日現在、死者15人、行方不明者14人となっている。

無断転載・複製を禁じます
2215979 0 社会 2021/07/18 11:43:00 2021/07/18 11:43:00 2021/07/18 11:43:00 被災した建物とその周辺で行方不明者の捜索を行う消防隊員(17日午前8時33分、静岡県熱海市で)=早坂洋祐撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210718-OYT1I50027-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)