読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

コロナ禍でみなと祭中止、収束願い込め「サプライズ花火」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

名古屋港で打ち上げられたサプライズ花火(2秒露光)(19日夜、名古屋市港区で)=林陽一撮影
名古屋港で打ち上げられたサプライズ花火(2秒露光)(19日夜、名古屋市港区で)=林陽一撮影

 日本列島は19日、高気圧に覆われて気温が上昇し、気象庁によると、岩手県奥州市と山梨県甲州市で37.3度を観測するなど、117地点で最高気温35度以上の猛暑日となった。東海各地も今夏一番の暑さで、愛知県豊田市や岐阜市など13地点で猛暑日となった。また、気象庁は四国地方が梅雨明けしたとみられると発表。20日も全国的に厳しい暑さが予想されている。

 名古屋市港区の名古屋港ガーデンふ頭では19日夜、事前告知なしの「サプライズ花火」があり、約1000発の花火が真夏の夜空を彩った。コロナ禍で恒例の「海の日名古屋みなと祭」が昨年に続いて中止となる中、運営団体が企画し、コロナ収束の願いも込めたという。家族らと散歩していた愛知県大治町の女児(4)は「カラフルですごくきれいだった」とうれしそうに話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2219984 0 社会 2021/07/20 07:01:00 2021/07/20 07:01:00 2021/07/20 07:01:00 新型コロナウイルスの収束を祈願したサプライズ花火(2秒露光)(19日午後7時46分、名古屋市港区で)=林陽一撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)