読売新聞オンライン

メニュー

五輪中止の仮処分申し立てを却下…東京地裁「具体的な危険認められない」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

東京地方裁判所
東京地方裁判所

 東京都や長野県の住民4人が東京五輪・パラリンピックの開催中止を求めた仮処分の申し立てについて、東京地裁は15日付で却下した。住民側は「新型コロナウイルスのさらなる感染拡大を招きかねない」などと主張したが、 目代(もくだい) 真理裁判長は「開催によって、個人の生命や健康が害される具体的な危険が生じているとは認められない」と指摘した。

無断転載・複製を禁じます
2220153 0 社会 2021/07/20 09:45:00 2021/07/20 09:45:00 2021/07/20 09:45:00 東京地方裁判所、東京高等裁判所。東京都千代田区霞が関で。2020年11月8日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210720-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)