読売新聞オンライン

メニュー

「掃除せず居室に戻り腹が立った」、自衛隊員が部下の髪引っ張る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 陸上自衛隊相馬原駐屯地(榛東村)は20日、部下に暴行してけがを加えたとして、第12後方支援隊に所属する3等陸曹の男性隊員(34)を停職30日の懲戒処分とした。

 発表によると、3等陸曹は3月25日夜、駐屯地の敷地内で、後輩隊員の髪を引っ張るなどの暴行を加えて軽傷を負わせた。調査に対し「後輩隊員が掃除することなく、居室へ戻ったことに腹が立った」と暴行を認めたという。同じ日に、整備工場内で許可を得ずに3等陸曹らと飲酒したとして3等陸尉の男性隊員(35)を、飲酒を黙認したとして准陸尉の50歳代男性隊員をそれぞれ減給15分の1(1か月)の懲戒処分とした。

無断転載・複製を禁じます
2225194 0 社会 2021/07/21 18:47:00 2021/07/21 18:47:00 2021/07/21 18:47:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)