読売新聞オンライン

メニュー

台風6号、非常に強い勢力で先島諸島に接近…宮古島市に避難指示

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大型で強い台風6号は、引き続き沖縄の南を発達しながらゆっくりと西に進み、23日にかけて非常に強い勢力で先島諸島にかなり接近する見込みとなっている。気象庁は沖縄地方で暴風や高波、土砂災害、河川の増水や氾濫などに注意を呼び掛けている。

気象庁
気象庁

 気象庁によると、台風6号は22日正午に宮古島の南南東約170キロの海上にあり、ほぼ停滞している。中心の気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルで中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 先島諸島では暴風や猛烈なしけとなる時間が長く、総雨量が多くなる恐れがある。

 台風の影響に伴い、沖縄地方では暴風や大しけになっており、23日にかけて予想される最大瞬間風速は沖縄地方で60メートル、奄美地方で25メートルの見込み。

 また、沖縄地方と奄美地方では大気の状態が不安定となっており、23日午前6時までの24時間に予想される雨量は多い所で、沖縄地方で150ミリ、奄美地方で100ミリが見込まれている。

 宮古島市は21日夜、市内全域に避難指示を発令した。

無断転載・複製を禁じます
2226339 0 社会 2021/07/22 06:17:00 2021/07/22 13:12:12 2021/07/22 13:12:12 気象庁。東京・港区虎ノ門で。2020年12月12日撮影。※同年12月に大手町から移転。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50029-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)