読売新聞オンライン

メニュー

警部補、ボールペン3本を万引きして減給処分…依願退職

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 滋賀県警が、県警本部に勤務していた50歳代の男性警部補を窃盗の疑いで地検に書類送検し、減給100分の10(3か月)の懲戒処分としていたことがわかった。7月1日付。警部補は同日、依願退職した。

滋賀県警察本部
滋賀県警察本部

 県警監察官室によると、警部補は5月29日午後0時20分頃、大津市内の大型量販店でボールペン3本(500円相当)を盗んだ疑い。警部補はこの日は休日で、店員が110番して発覚。容疑を認め「大変申し訳ない」と話したという。県警は、任意の捜査だったとして公表していなかった。

 島端弘文監察官室長は「誠に遺憾。職務倫理教養を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

無断転載・複製を禁じます
2226608 0 社会 2021/07/22 10:50:00 2021/07/22 10:50:00 2021/07/22 10:50:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)