読売新聞オンライン

メニュー

「刑務所に入って人生仕切り直しを」就寝中の女性に乱暴図る…懲役3年判決

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 強制性交未遂罪などに問われた群馬県館林市木戸町、無職飯島伸明被告(46)に対し、前橋地裁は21日、懲役3年(求刑・懲役3年6月)の判決を言い渡した。

前橋地方裁判所
前橋地方裁判所

 判決によると、飯島被告は3月28日未明、県内の住宅に侵入し、就寝中の女性(当時37歳)に乱暴しようとした。飯島被告が動機について「刑務所に入って人生を仕切り直したかった」と述べたことに対し、水上周裁判長は「身勝手で酌量の余地は全くない」と非難した。

 検察側は初公判で懲役4年を求刑したが、飯島被告が女性と慰謝料について合意したことを踏まえて求刑を改めた。

無断転載・複製を禁じます
2227430 0 社会 2021/07/22 19:00:00 2021/07/22 19:00:00 2021/07/22 19:00:00 前橋地方裁判所。群馬県前橋市で。2020年11月6日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)