読売新聞オンライン

メニュー

警官、路上で女子高生の体触る…暴行事件の調書は無断で破棄

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 兵庫県警は21日、明石署と飾磨署に勤務するいずれも20歳代の男性巡査2人をそれぞれ停職3か月の懲戒処分にしたと発表した。2人は同日付で依願退職した。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 発表では、明石署の巡査(27)は2019年8月~今年5月、後輩警察官の財布からキャッシュカードを盗み、コンビニのATM(現金自動預け払い機)から計364万円を引き出した。飾磨署の巡査(21)は6月、路上で女子高校生の体を触った容疑で逮捕された。この巡査は、担当した暴行事件の容疑者の調書1枚について、記載ミスを隠すために無断で破棄したことも判明。県警は明石署の巡査を窃盗容疑で、飾磨署の巡査を公文書毀棄(きき)容疑でそれぞれ書類送検した。

無断転載・複製を禁じます
2226868 0 社会 2021/07/22 12:44:00 2021/07/22 12:44:00 2021/07/22 12:44:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)