読売新聞オンライン

メニュー

池の浅瀬で2歳男児抱いた祖母見つかる…男児は死亡

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 22日午前9時頃、兵庫県加東市の池の浅瀬で、男児(2)を抱いた女性が立っているのを県警加東署員が見つけた。女性は男児の祖母(50)で、同署員が2人の行方を捜していた。男児はその場で死亡が確認された。祖母にけがはないが衰弱しており、同署は回復を待って経緯を詳しく聞く。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 男児は両親の元を離れ、約3か月前から祖父母と暮らしていた。21日夜、祖父(53)が「保育園に孫を迎えに行った妻が帰ってこない」と同署に連絡していた。男児に目立った外傷はなく、同署は司法解剖して死因や死亡時期を調べる。

無断転載・複製を禁じます
2227391 0 社会 2021/07/22 18:13:00 2021/07/22 19:55:22 2021/07/22 19:55:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50090-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)