読売新聞オンライン

メニュー

4連休初日、首都圏の空港や高速は混雑…東京駅周辺は7月土曜と比べ4~5割多い人出

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 4連休初日の22日、首都圏の空港や高速道路は、地方へ向かう人の流れで混雑した。

 羽田空港の国内線ターミナルでは同日午前、スーツケースを抱えた若者や家族連れが行き交った。小学3年の孫娘と生まれ故郷の鹿児島に行くという東京都小金井市の男性(75)は「ワクチンを2回接種したが、人混みは避けるようにしたい」と話した。東京五輪については「街は盛り上がっておらず、実感はあまりない」と語った。

 日本航空によると、4連休の国内線予約数は約22万人で、昨年7月23~26日の4連休より約1割多い。羽田から北海道、東北、北陸、近畿方面の便は満席も出ている。全日本空輸も「緊急事態宣言発令後も予約数が伸びている」という。

 一方、首都圏の高速道路では22日午前、都外へ向かう下り線で最大40~50キロ・メートルの渋滞が発生。東京駅も混雑が目立った。NTTドコモの「モバイル空間統計」のデータによると、同駅周辺の午前9時台の人出は、7月の土曜と比べて4~5割多かった。

無断転載・複製を禁じます
2227890 0 社会 2021/07/22 22:54:00 2021/07/22 22:54:00 2021/07/22 22:54:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)