読売新聞オンライン

メニュー

車内で熱中症か、1歳女児死亡で母親を逮捕へ…3時間睡眠後に「意識ない」と通報

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 22日午前10時40分頃、千葉県八千代市大和田新田の集合住宅の駐車場で、「車内で寝てしまい、起きたら娘の意識がない」と20歳代の母親から119番があった。女児は死亡が確認された。熱中症とみられる。八千代署は同日夜、保護責任者遺棄容疑で母親の逮捕状を請求した。

千葉県警察本部
千葉県警察本部

 発表によると、亡くなったのは大越 三桜音みおん ちゃん(1)。母親は勤務後の同日朝、知人宅に預けていた三桜音ちゃんと姉(3)を引き取り帰宅。車内で3時間ほど寝た後に姉を家で着替えさせ、30分後に戻ると、三桜音ちゃんがぐったりしていたと説明しているという。

無断転載・複製を禁じます
2227961 0 社会 2021/07/22 23:43:00 2021/07/23 09:46:42 2021/07/23 09:46:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210722-OYT1I50156-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)