読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

乗鞍スカイライン、1年ぶり営業再開…豪雨災害から復旧

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 昨夏の豪雨災害から通行止めが続いていた北アルプス・乗鞍岳(3026メートル)の山岳道路「乗鞍スカイライン」(14・4キロ)が22日、1年ぶりに営業を再開した。スカイラインは岐阜県高山市の平湯峠と乗鞍岳の畳平を結ぶ県道で、環境保護のためマイカーでの乗り入れが規制されている。昨年の被災後、県が復旧工事を進め、当初想定の8月より1か月早い開通となった。

1年ぶりに営業が再開され、畳平のバスターミナルには岐阜県側から来た観光バスも並んだ
1年ぶりに営業が再開され、畳平のバスターミナルには岐阜県側から来た観光バスも並んだ

 この日は午前8時半に同市丹生川町のほおのき平バスターミナル前で出発式があり、地元の子どもたちによる太鼓演奏の中、観光客を乗せたバスが標高2702メートルの畳平に向けてスタート。

営業再開を祝う関係者ら
営業再開を祝う関係者ら

 畳平で行われた復旧開通式では、山開き実行委員会の宮前勝会長が「観光と環境の両立する乗鞍にしていきたい」とあいさつし、登山客に たる 酒や地元特産のトマトが振る舞われた。

 静岡県富士市から訪れた男性(33)は「登りやすい百名山なので前から来たいと思っていた。夏山の花畑を見るのが楽しみ」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2228705 0 社会 2021/07/23 12:14:00 2021/07/23 12:14:00 2021/07/23 12:14:00 スカイライン再開で1年ぶりに岐阜県側のバスが乗鞍ターミナルに並んだ(乗鞍・畳平で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50032-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)