読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

自衛隊による大阪の大規模接種、1200人のロット番号取り違え…正しいシールと交換へ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 防衛省は23日、自衛隊が大阪に設けている新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場で、約1200人に対し、実際に打ったワクチンとは異なるロット番号を記したシールを接種済み証に貼り付けて交付したと発表した。

防衛省
防衛省

 発表によると、ミスがあったのは21日。ワクチン接種と、シールを貼り付ける作業で確認が不十分だった。防衛省は24日以降、取り違えた約1200人に個別に連絡し、正しいシールと交換する。ロット番号を照会すると、ワクチンの製造場所などがわかり、副反応や健康被害があった際の追跡調査などができるようになっている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2230116 0 社会 2021/07/24 00:44:00 2021/07/24 00:44:00 2021/07/24 00:44:00 防衛省。東京都新宿区で。2020年11月14日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50107-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)