読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

上野のパンダの双子赤ちゃん、生後1か月に…模様はっきり・ふさふさした毛も

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

シンシンに抱かれるオスの赤ちゃん(22日、東京動物園協会提供)
シンシンに抱かれるオスの赤ちゃん(22日、東京動物園協会提供)

 上野動物園(東京都台東区)のジャイアントパンダ「シンシン」(16歳)が産んだオスとメスの双子の赤ちゃんが、23日で生後1か月となった。動物園は最近の写真などを公開し、2頭とも順調に育っている様子を伝えた。

 上野動物園によると、シンシンが2頭を同時に世話するのは難しいため、飼育担当者が24時間態勢で見守りながら、1頭ずつ交互に育てさせている。誕生直後に100グラム超だった体重は、オスが835グラム、メスは1133グラムに増加。それぞれ15センチほどだった体長も、倍の30センチ近くに成長したという。

 2頭にはパンダ特有の白黒模様がはっきりと現れ、ふさふさした毛も生え始めた。上野動物園の担当者は「飼育員の頑張りで1か月を迎えられた。まだ2頭とも小さく、万全の態勢で飼育に臨みたい」と話した。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2230120 0 社会 2021/07/24 00:55:00 2021/07/24 00:55:00 2021/07/24 00:55:00 ジャイアントパンダ・シンシンに抱かれるオスの赤ちゃん(22日、東京動物園協会提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210723-OYT1I50122-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)