読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】QRコードで濃厚接触者を追跡…客が電話番号登録、政府検討

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は、新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)対策として、QRコードを活用して濃厚接触者を追跡する新たなシステムを導入する方向で調整に入った。複数の政府関係者が明らかにした。

 新たな追跡システムは、飲食店やイベント会場、劇場、映画館などの利用客に自治体がQRコードを配布し、スマートフォンの電話番号を登録してもらうというもの。個人情報保護のため、番号は自治体が管理し、感染者が出た場合には、保健所などから同時間帯に居合わせた利用客や従業員に連絡し、濃厚接触者を特定する仕組みだ。

 感染の有無を確認するなどして、クラスターの発生を早期に特定し、自治体が濃厚接触者を割り出して把握することで、若者を中心とした感染再拡大を防ぐ狙いがある。今夏にも首都圏の一部地域で試行することを検討している。

 QRコードを活用したクラスター対策について、政府は専門家の提言を受け、6月17日に改定した基本的対処方針に「特定の地域で実証することも含め、検討を行う」と明記していた。

 4度目の緊急事態宣言が発令中の東京では、新規感染者のうち感染経路不明者が約6割に達し、感染経路不明の割合は都市部ほど高い傾向にある。政府は、若者の活動が活発な都市部で感染経路を特定するには、QRコードによる追跡手法が有効だとみている。

 政府は、QRコードシステムを独自に導入している神奈川県などから聞き取り調査も始めている。同県では、客が無料通信アプリ「LINE」でQRコードを読み取ることで、店内で陽性者が発生した場合、同時間帯に利用していた客にLINEで一斉通知する仕組みを設けている。システムの導入を事業者への協力金の支給要件にしており、昨年5月の運用開始後、これまでに約13万の事業者が導入し、利用客も累計130万人超に上っている。

 ただ、個人情報保護の観点から、電話番号を把握するシステムではないため、保健所からの連絡はできない。内閣官房幹部は「電話番号の登録が進むシステムをどう作るかが課題だ」と指摘する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2235669 0 社会 2021/07/26 15:35:00 2021/07/26 15:37:42 2021/07/26 15:37:42 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210726-OYT1I50127-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)