読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

電車の扉に視覚障害者の手が挟まれる…車掌が気づかず発車、転倒しけが

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 26日午後1時頃、神奈川県横須賀市久里浜の京急久里浜駅で、視覚障害がある60歳代の男性が電車に乗ろうとした際に扉が閉まり、右手を挟まれた。電車がそのまま出発したため、男性は弾みで転倒し、頭や腰を打つ軽傷を負った。電車は緊急停止した。

京浜急行電鉄
京浜急行電鉄

 京浜急行電鉄によると、男性は左手に白杖を持っていた。車掌(24)は男性の手が挟まれたことや白杖に気づかなかったという。扉に生じた隙間は1センチ以下だったとみられ、異常を感知できなかった。

 同社は「今後はこのようなことが発生しないよう、安全指導の再徹底と再発防止に努める」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2236352 0 社会 2021/07/26 21:36:00 2021/07/26 21:42:32 2021/07/26 21:42:32 京浜急行電鉄。横浜市で。2020年11月14日撮影。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210726-OYT1I50192-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)