ダイビング体験中、女性が溺れ死亡…インストラクターと先に潜り夫は船上に

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 26日午前11時頃、高知県大月町柏島の沖合約20メートルでダイビング体験をしていた女性が溺れ、約1時間30分後に死亡が確認された。

海上保安庁
海上保安庁

 宿毛海上保安署などによると、福島県相馬市の主婦の女性(56)。夫と2人で訪れ、ダイビングショップのボートで沖に出て深さ3~4メートルの海底に潜っていた。ダイビングは初めてだったという。

 女性を連れて先に潜ったインストラクターが、船上の夫を迎えに浮上。女性の様子がおかしいことに気づいて船に引き上げたが、救急搬送された時には心肺停止の状態だったという。同保安署が詳しい原因を調べている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2237351 0 社会 2021/07/27 07:11:00 2021/08/16 09:21:12 2021/08/16 09:21:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)