読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

豊洲市場周辺、激しい五輪渋滞…青果・鮮魚配達に遅れも

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京五輪に伴う交通規制で豊洲市場(江東区)周辺の道路の渋滞が続いており、卸業者らが頭を悩ませている。都心とをつなぐメイン道路が通行止めとなり、 迂回うかい 路に車が集中しているためで、青果や鮮魚の配送の一部に影響が出ている。

トラックや乗用車で混み合う豊洲市場沿いの道路(26日午前8時30分頃、東京都江東区で)
トラックや乗用車で混み合う豊洲市場沿いの道路(26日午前8時30分頃、東京都江東区で)

 27日午前7時半、市場の荷さばき場。「早くしねぇと、間に合わねぇぞ」。青果卸「永井商店」社長の永井智之さん(44)が、取引先に届ける野菜を確認しながら、従業員に声をかけた。

 平日はほぼ毎日、午前4時半頃に市場で野菜を仕入れ、自分と従業員の計3人がそれぞれワゴンを運転して、都内のラーメン店など約20か所に配送する。

 渋滞が起きるようになったのは6月23日からだ。市場がある臨海部と都心をつなぐ環状2号が選手村のそばにあるため通行止めとなり、朝夕に、市場周辺の道路が運送業者や一般の車、卸業者らの車で混雑し始めた。早めの作業を心がけたが、一部で配達が遅れ、頭を下げながら回ったという。

 今月23日に開幕してからは、競技会場周辺の交通規制で都内の所々が混雑し、26、27日は市場近くの「お台場」でトライアスロンがあった影響で市場周辺の渋滞が激しくなった。

 五輪期間中は、大会関係者が宿泊する取引先のホテルから午前9時までに配達するよう厳命されている。競技に合わせて渋滞状況も日々変わるため、臨機応変に抜け道を駆使し、間に合わせている状況だという。

渋滞に備えて、配送する野菜などの積み込みを急ぐ永井さん(27日午前7時37分、東京都江東区の豊洲市場で)=樋口絢香撮影
渋滞に備えて、配送する野菜などの積み込みを急ぐ永井さん(27日午前7時37分、東京都江東区の豊洲市場で)=樋口絢香撮影

 永井さんは「業界では時間を守らないと、あっという間に取引を切られてしまう。コロナ禍で仕事は3割減った。今後もお台場で競技があるし、早め早めに動くしかない」と語った。

 市場でマグロを専門に取り扱う「伊勢豊」も混み具合を注視している。通常は、すし店のランチ営業に間に合うよう、午前10時頃に商品を車に積んで市場を出発しているが、26、27日は早めに出た。

 社長の菊池義雄さん(79)は「時間が読めないので、得意先には事前に『遅れるかもしれない』と伝えている。迷惑をかけないようにしたい」と話した。

 日本道路交通情報センターによると、開幕後の平日となった26、27日の朝は、都心部へ向かう板橋区の川越街道や、渋谷区の甲州街道、目黒区の玉川通りなどの一般道渋滞が発生したほか、臨海部の競技会場近くでも混雑がみられた。

 これまで宅配や郵便に目立った影響は出ていない。都幹部は「多くの企業や国民が交通量削減に協力してくれたが、一部で影響が出ており、削減の呼びかけを続けたい」としている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240147 0 社会 2021/07/28 02:18:00 2021/07/28 09:58:05 2021/07/28 09:58:05 トラックや乗用車で混み合う豊洲市場沿いの道路(26日、東京都江東区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYT1I50209-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)