台風8号、28日午前にも東北に上陸へ…移動速度遅く長時間大雨の可能性

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 台風8号は27日、関東の東を北上し、28日午前にも東北に上陸する見通しだ。移動速度が遅いため、東北を中心に大雨が長時間降る可能性があり、気象庁は土砂災害や河川の氾濫への警戒を呼びかけている。

 同庁によると、台風8号は27日午後6時現在、千葉県銚子市の東北東約120キロを時速15キロで北北西に進んでいる。中心気圧は990ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は20メートル。中心の北側500キロ以内と南側390キロ以内で風速15メートル以上の強風が吹いている。

 28日にかけて予想される最大瞬間風速は、東北と関東で30メートル。28日午後6時までの24時間雨量は、東北の太平洋側で180ミリ、東北の日本海側で100ミリ、関東甲信と北陸で80ミリと予想されている。雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降る可能性もある。

 台風の影響で、東京五輪のサーフィンでは、28日に予定されていた決勝と3位決定戦が前倒しして実施された。ボートは27日に予定していた全レースを28日以降に延期。アーチェリー男女個人戦やトライアスロン女子の開始時間も遅れた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2239505 0 社会 2021/07/27 20:49:00 2021/07/27 23:21:22 2021/07/27 23:21:22 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210727-OYT1I50245-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)