読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

徳島大医学部が毒物100グラム紛失…50~100人致死量に相当

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

徳島大学の野地澄晴学長
徳島大学の野地澄晴学長

 徳島大(徳島市)は27日、医学部で保管していた毒物のアジ化ナトリウム100グラムを紛失したと発表した。誤って廃棄したとみられる。成人で50~100人の致死量に相当するが、悪用されたなどの被害は報告されていない。徳島大は徳島保健所と徳島県警徳島名西署に紛失について報告した。

徳島県警察本部
徳島県警察本部

 徳島大によると、アジ化ナトリウムは解剖実習の際に防腐液として使用し、解剖実習準備室の施錠できる保管庫に収納していた。5月に保管庫を新品と交換する際、職員1人が薬品の入れ替え作業をしていたが、中断した際にアジ化ナトリウムの入ったボトル(直径約8センチ、高さ約20センチ)を取り出すのを忘れ、別の職員がそのまま古い保管庫を廃棄した可能性があるという。7月8日、保管庫内を確認した職員が紛失に気づいた。

 野地澄晴学長は27日の記者会見で、「過失によりこのような事態を招いた。多くの人に心配をおかけし深くおわびする」と陳謝。今後は、薬品の移動を2人で行うなど再発防止を徹底するとした。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2240353 0 社会 2021/07/28 07:20:00 2021/07/28 07:20:00 2021/07/28 07:20:00 新薬開発 お得な連携 企業にアイデア 大学に研究資金/化合物のライセンス契約を結んだ塩野義製薬の手代木功社長(右から2人目)と徳島大学の野地澄晴学長(同3人目)(大阪市中央区で)2016年11月24日撮影 =2016年11月25日朝刊掲載= https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)