読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

療養先から一時不明の男を再逮捕…通行人に催涙スプレー吹きかけかばん奪う

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

大阪府警察本部
大阪府警察本部

 覚醒剤所持容疑で逮捕され、新型コロナウイルス感染判明で釈放後、療養先から一時行方不明となった韓国籍の無職の男(20)について、大阪府警は27日、強盗容疑で再逮捕した。

 発表では、無職の男は5月29日未明、別の男(23)と共謀し、大阪市中央区の路上で、通行人男性(36)に催涙スプレーを吹きかけてかばんを奪った疑い。男は容疑を認めている。

 無職の男は釈放後の6月22日、大阪市北区の療養先のホテルから行方不明になっていたが、8日後に発見され、覚醒剤取締法違反(共同所持)容疑で逮捕、起訴されていた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2241309 0 社会 2021/07/28 14:29:00 2021/07/28 14:38:11 2021/07/28 14:38:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210728-OYT1I50132-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)