読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

搭乗前の客「刃物持ち込んだが大丈夫か」、ナイフ見逃す…保安検査やり直し

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 高知空港(高知県南国市)の保安検査場で28日、多機能ナイフ1本が入った乗客のリュックを検査員が誤って通過させるトラブルがあった。搭乗前の乗客約200人の保安検査をやり直した。このため、ジェットスター・ジャパンの成田、フジドリームエアラインズの名古屋、日本航空の羽田行きの3便が最大約2時間遅れた。

 空港などによると、同日午後3時15分頃、搭乗前の30歳代男性客から「刃物を持ち込んだが、大丈夫か」と申告があった。リュックはX線検査を受けていたが、検知できなかったという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2244416 0 社会 2021/07/29 13:47:00 2021/07/29 14:14:40 2021/07/29 14:14:40

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)