読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

雑木林に女性の遺体遺棄、カメルーン国籍の男拘束…被害者宅に出入り

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 奈良市の雑木林に女性の遺体が遺棄された事件で、女性の自宅に出入りし、奈良県警が行方を追っていたカメルーン国籍の男が羽田空港で見つかり、身柄を拘束されていたことが捜査関係者への取材でわかった。県警は男が事件について事情を知っている可能性があるとみて慎重に調べる。

奈良県警察本部
奈良県警察本部

 女性は奈良県大和郡山市の介護職員笹岡順子さん(56)。県警によると、笹岡さんは7月9日に勤務先を出たのを最後に消息が途絶え、23日、奈良市中町の雑木林で遺体で発見された。9日以降に自ら口座から引き出した2500万円以上の現金が見つかっておらず、県警はトラブルに巻き込まれたとみて捜査している。

 捜査関係者によると、男は大和郡山市内の工場で働き、以前から笹岡さん宅に出入りしていた。男は行方がわからなくなっていたが、県警は27日、羽田空港から出国しようとするところを見つけ、勤務先に偽名を使った書類を提出したとする偽造有印私文書行使容疑で逮捕した。

 一方、県警は20日、笹岡さん宅から約1・2キロ離れた駐車場で、笹岡さんの車を発見。車内から笹岡さんの血痕や、髪の毛がついた粘着テープが見つかった。

 付近の防犯カメラには、何者かが笹岡さんの車を駐車場に放置して別の車に乗り込み、走り去る姿が映っていた。この人物はカメルーン国籍の男と似ているといい、県警は詳しく調べる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2246684 0 社会 2021/07/30 05:00:00 2021/07/30 05:00:00 2021/07/30 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210730-OYT1I50037-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)