眼鏡型カメラで風俗店員とのわいせつ行為を盗撮、ネットで動画販売

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 眼鏡型のカメラで女性を盗撮し、動画をインターネットで販売したとして、警視庁は30日、東京都台東区小島、会社員の男(42)をわいせつ電磁的記録等送信頒布容疑で再逮捕したと発表した。再逮捕は29日。

警視庁
警視庁

 発表によると、男は6月28日と今月14日、派遣型風俗店員の女性2人とのわいせつな行為を撮影した動画を販売サイト「FC2コンテンツマーケット」に公開し、不特定多数が閲覧できる状態にした疑い。容疑を認めている。

 女性の1人から「眼鏡型のカメラで盗撮された」と相談を受け、警視庁は今月18日、男を都迷惑防止条例違反(盗撮)容疑で逮捕していた。

 警視庁は男が3月以降、風俗店員の女性33人を盗撮した動画を同じサイトで販売し、約100万円を得ていたとみている。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2247209 0 社会 2021/07/30 12:18:00 2021/07/30 14:32:11 2021/07/30 14:32:11 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210730-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)