読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

カマイルカの赤ちゃん誕生、母親に寄り添って元気にスイスイ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

母親のニッチ(右)に寄り添って泳ぐ赤ちゃんイルカ(30日、新潟市中央区のマリンピア日本海で)
母親のニッチ(右)に寄り添って泳ぐ赤ちゃんイルカ(30日、新潟市中央区のマリンピア日本海で)

 新潟市中央区西船見町の市水族館「マリンピア日本海」で、カマイルカの赤ちゃん(メス)が生まれた。赤ちゃんの誕生は3年連続。8月2日から一般公開される。

 同館によると、今月13日午後6時26分に屋内プールで生まれた。出生時約93センチだった体長は約100センチとなり、母親に寄り添って元気に泳いでいる。同館で飼育するカマイルカは7頭になった。

 野村卓之館長(57)は「非常に成長が早く、小さい状態を見ることができるのは今だけ。ぜひ多くの人に見に来てほしい」と話している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2252652 0 社会 2021/08/01 13:36:00 2021/08/01 15:14:02 2021/08/01 15:14:02 母親のニッチ(右)に寄り添って泳ぐ赤ちゃんイルカ(30日午後5時16分、新潟市中央区のマリンピア日本海で)=大竹弘晃撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50047-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)