読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

日本酒や洋酒の人気銘柄、ネット高額転売で定価の3倍も…家飲み需要が影響か

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インターネット上で日本酒や洋酒の人気銘柄の高額転売が目立っている。定価の3倍で売られる商品もあり、コロナ禍で「家飲み」需要が拡大する中、ぜいたく気分を味わいたいとの心理が利用されている形だ。大量の転売は酒税法に抵触する可能性があるが、歯止めがかかっておらず、酒造会社側は流通経路を調査するなど「自衛」に乗り出している。(大川哲拓、河部啓介)

■定価の3倍

 「手に入りにくい逸品」「BBQ(バーベキュー)が中止となった ため 、お譲りします」――。フリマアプリ「メルカリ」に6月、「佐々木酒造」(京都市上京区)の「金銀 別誂べつあつらえ 」(720ミリ・リットル、8900円)が定価の約3倍で出品された。今春、数量限定で製造され、6月から発送が始まったばかり。1点単位での出品が多く、個人が到着直後に出したとみられる。

日本酒「金銀別誂」を手にする佐々木社長。ネットでの高額転売に心を痛めている(京都市上京区で)=河村道浩撮影
日本酒「金銀別誂」を手にする佐々木社長。ネットでの高額転売に心を痛めている(京都市上京区で)=河村道浩撮影

 佐々木酒造は俳優の佐々木蔵之介さんの実家で、出演ドラマとのコラボ商品も定価の約2倍で出品されていた。佐々木晃社長(51)は「本当に味わってほしい人に届かなくなる」と嘆く。

 令和への改元記念のシールが貼られた丹山酒造(京都府亀岡市)の「 皇美すめらび 」(720ミリ・リットル、1万6500円)もメルカリで2万4000円がついたが、おいしく飲める約1年間の期限は過ぎていた。長谷川 なぎさ 社長(43)は「本来の味を知ってもらえないのは悲しい」と話す。

■非日常感

 「家飲み」需要は、コロナ禍での飲食店の休業や時短営業で急速に広がった。

 総務省の家計調査(2020年)で、2人以上の世帯の年間支出額を見ると、外食での飲酒代が前年より52・7%減少したのに対し、家庭用の酒類は13・6%増。種類別では「ウイスキー」(36・6%増)や「チューハイやカクテル」(32・5%増)の伸びが目立つ。

 ニッセイ基礎研究所(東京)の久我尚子上席研究員は「おしゃれなレストランやバーで飲めない分、自宅で非日常感やぜいたくを楽しみたいという傾向があるのでは」と分析。フリマアプリ上では「このご時世なので家飲みにいかが」とうたう高額の出品が目立つ。

 影響は飲食店にも及び、京都市の繁華街・木屋町で日本酒バーを営む朝倉康仁さん(45)は「転売目的の買い占めで仕入れが難しい銘柄もある」と嘆く。

残り:607文字/全文:1727文字
読者会員限定記事です
新規登録ですぐ読む(読売新聞ご購読の方)
無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2250991 0 社会 2021/07/31 15:00:00 2021/07/31 15:00:00 2021/07/31 15:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50107-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)