読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

町庁舎内の湯沸かし室、コーヒー代計5千円盗む…「出来心」の職員停職

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 和歌山県由良町は30日、地方公務員法の「信用失墜行為の禁止」に違反したとして、町教育委員会教育課の男性副主査(30)を同日付で停職3か月の懲戒処分にした。

 発表によると、副主査は5月初旬~6月中旬頃、庁舎内の湯沸かし室で、職員のコーヒー代金専用の集金箱から複数回にわたり、計約5000円を窃取した。さらに、担当業務と直接関係がないのに同課内の業務端末で、仕事で知り合った人や知人らの税情報を2017年4月頃~今年7月初旬頃の勤務時間中に約1000回、閲覧した。

 集金箱の金額が少なかったことから調査して発覚。その後、業務端末の履歴を確認して不正閲覧もわかった。男性職員は、町の聴き取りに「出来心で盗んでしまった。閲覧も興味本位だった。町民に申し訳ない」と話し、代金は全額を返済したという。

 町は、山名実町長と岡本圭剛副町長、寒川正美教育長の3人を減給10分の1(1か月)とする議案を9月定例町議会に提案する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2252317 0 社会 2021/08/01 10:21:00 2021/08/01 10:21:00 2021/08/01 10:21:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)