読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

溺れた男性を引き上げたら「生きていてもしょうがない」…会社役員らが翻意するよう声がけ

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 海で溺れていた人を救助したとして、福岡県警博多臨港署は7月30日、福岡市の会社役員(65)と、同市の団体職員(62)に感謝状を贈った。

福岡県警察本部
福岡県警察本部

 署などによると2人は7月8日夜、中央区荒津2の岸壁で釣りをしていた。午後9時半頃、岸壁近くの海で男性(70歳代)が溺れているのを会社役員が発見。たも網を差し出すなど、団体職員と協力して岸壁に引き上げた。男性は無事だったが、「生きていてもしょうがない」などと自殺をほのめかし、会社役員は思いとどまるよう言葉をかけた。

 贈呈式は署で行われ、中村英人署長が感謝状を手渡した。会社役員は「団体職員が一緒だったから助けることができた」、団体職員は「男性が無事で良かった」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2252606 0 社会 2021/08/01 12:50:00 2021/08/01 16:44:12 2021/08/01 16:44:12 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/07/20210731-OYT1I50183-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)