読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】都が感染者の入院基準改定へ…血中酸素濃度「96%未満」厳格化の見通し

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府が新型コロナウイルス感染者の療養方針を見直したことを受け、東京都は、感染者の入院の判断基準を改定する方針を固めた。血中酸素濃度の基準値を厳格化して入院患者を抑え、今後、増加が見込まれる中等症の患者用に病床を確保する。4日にも都内の医療機関に新たな基準を示す。

東京都庁
東京都庁

 血中酸素濃度は呼吸機能の状態を示し、値が低いほど危険な状態となる。改定後の基準では、入院の目安となる血中酸素濃度の値を、現行の「96%未満」より厳しくする見通しだ。都幹部は「血中酸素濃度が95%でも入院しない患者が出てくる可能性があるが、病床が限られている中で対応が必要な患者を優先させなければならない」としている。

 都は、感染者が急増していた昨年12月、血中酸素濃度や基礎疾患の有無などをもとにした入院の判断基準を策定し、都内の医療機関などに通知。「第3波」のピークだった1月以降、都内の保健所はこの基準に基づき、感染者の入院の必要性などを判断していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2259443 0 社会 2021/08/04 05:00:00 2021/08/04 09:43:01 2021/08/04 09:43:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50042-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)