読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

瑠璃色の「ヒゴタイ」、夏空に揺れる…「絶滅の危険増大」の希少種

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北九州市門司区の白野江植物公園で、ヒゴタイが瑠璃色の花を咲かせている=写真、4日、大野博昭撮影=。

 ヒゴタイはキク科の多年草で、環境省のレッドリストでは「絶滅の危険が増大している」とされる絶滅危惧2類に分類される希少種。

 約20株の高さ1・2メートルほどの茎の先端に筒状の小花が集まり、直径約5センチの球形の花となっている。見頃は8月下旬まで。

 入園料は高校生以上300円、小中学生150円だが、8月は無料。問い合わせは同園(093・341・8111)。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2261253 0 社会 2021/08/04 16:17:00 2021/08/04 16:17:00 2021/08/04 16:17:00 丸く鮮やかに花を咲かせたヒゴタイ(4日午前10時9分、北九州市門司区で)=大野博昭撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50137-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)