11年前の高2男子刺殺事件、当時17歳の男を殺人容疑で逮捕

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市北区で2010年10月、私立神戸弘陵学園高2年の堤将太さん(当時16歳)が刺殺された事件で、兵庫県警は4日、当時17歳で、愛知県豊山町に住むパート従業員の元少年(28)を殺人容疑で逮捕した。元少年は事件当時、現場付近に住んでいた可能性があり、兵庫県警は堤さんとの関係や動機を調べる。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 発表では、元少年は10年10月4日午後10時45分頃、神戸市北区筑紫が丘の路上で、堤さんの頭や首などをナイフで複数回刺し、殺害した疑い。堤さんの死因は、首の静脈を切られたことによる失血死だった。

 県警は「今後の捜査に支障が出る」として、認否を明らかにしていない。

 事件の6日後、現場近くの側溝から堤さんの血液が付着した調理用の小型ナイフ(刃渡り約10センチ)が見つかっており、県警は元少年がこのナイフで堤さんを刺したとみている。

 現場は堤さんの自宅近く。当時、堤さんは知り合いの少女と一緒におり、約10メートル離れたところに座っていた男に襲われた。少女は「堤さんが自分をかばってくれた」と証言していた。

 警察庁は12年12月、この事件を、有力情報提供者に最高300万円の懸賞金を出す「捜査特別報奨金制度」の対象に指定していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2261626 0 社会 2021/08/04 19:33:00 2021/08/05 03:58:01 2021/08/05 03:58:01 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50169-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)