読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

家電量販店で万引き容疑の男、警報鳴らないようにした?…防犯タグ1600個押収

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 家電量販店で万引きをしたとして京都府警城陽署が7月に窃盗容疑で逮捕した滋賀県草津市、無職の男(46)の関係先から、防犯タグが約1600個見つかっていたことが分かった。何らかの方法で店舗の防犯ゲートで警報が鳴らないようにしていたとみられる。地検は4日、男を窃盗罪で起訴した。

京都府警察本部
京都府警察本部

 起訴状などによると、男は6~7月、府内の家電量販店でヘアアイロンなど計3点(販売価格計約4万円相当)を万引きした疑い。捜査関係者によると、「ネットで転売して生計を成り立たせるため、家電量販店を狙った」と供述し、容疑を認めている。

 城陽署は、男が使用していた車などから防犯タグ約1600個を押収。店舗出入り口の防犯ゲートの警報が鳴らないよう商品を持ち出し、発覚を遅らせるため、タグを持ち帰るなどしていた。内部の配線を切られたタグも見つかっているという。

 「工業会日本万引防止システム協会」(東京)が防犯タグなどの「EAS(電子商品監視)機器」を取り扱う27社に行った調査によると、2019年に家電量販店に設置された機器は2639台。15年(1488台)の1・8倍に増えた。

 稲本義範会長は、「店舗間で手口や対策を共有し、巡回や声かけを強化することが不可欠だ」と指摘する。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2262638 0 社会 2021/08/05 05:00:00 2021/08/05 05:00:00 2021/08/05 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210804-OYT1I50208-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)