読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

【独自】「疑わしい人物が愛知にいる」と警察に情報、元少年が周囲に関与うかがわす…高校生刺殺

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 神戸市北区で2010年10月、私立神戸弘陵学園高2年の堤将太さん(当時16歳)が刺殺された事件で、殺人容疑で逮捕された当時17歳のパート従業員の元少年(28)が、周囲に事件への関与をうかがわせる話をしていたことが捜査関係者への取材でわかった。最近になって兵庫県警に情報提供があり、捜査が進んだという。

 発表では、元少年は10年10月4日夜、神戸市北区筑紫が丘の路上で、堤さんの頭や首などをナイフで複数回刺し、殺害した疑い。

 警察庁は12年12月、事件を有力情報提供者に最高300万円を支払う「捜査特別報奨金制度」の対象に指定した。県警は事件当時、堤さんと一緒にいた少女の目撃情報などから作成した似顔絵を公開。県警には指定後、今年6月末までに約920件の情報提供があり、そのうち約70件は昨年12月以降に寄せられていた。

 捜査関係者によると、元少年を名指しして、「疑わしい人物が愛知にいる」との情報提供があったという。県警は周辺捜査で事件に関与した可能性が高まったとして、愛知県豊山町の自宅にいた元少年に任意同行を求め、県警小牧署で逮捕した。兵庫県警は元少年の認否を明らかにしていないが、任意同行には素直に応じたという。

 県警によると、元少年は愛知県内の複数の店舗が入る施設で、広報や売り上げ管理の仕事などをしていたが、事件当時は神戸市北区の現場付近に住んでいたとみられる。堤さんと一緒にいた少女は事件後、兵庫県警に「知らない男だった」と話したといい、県警は動機について調べる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2263547 0 社会 2021/08/05 15:00:00 2021/08/06 17:56:30 2021/08/06 17:56:30

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)