数十年に1度だけ咲くアオノリュウゼツラン、創立60年目の早稲田摂陵中・高で開花

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

花を咲かせたアオノリュウゼツラン(茨木市で)
花を咲かせたアオノリュウゼツラン(茨木市で)

 数十年に1度だけ花を咲かせるとされる「アオノリュウゼツラン」が、大阪府茨木市の早稲田摂陵中学・高校で開花した。今年は同校創立から60年目の節目にあたり、学校関係者は「記念の年を祝ってくれているようだ」と喜んでいる。

 同校によると、開校から間もない時期に当時の理科の教諭が植えたもので、今年6月に突然、高さ約1メートルの株から細長い茎が出て約6メートルまでぐんぐんと伸び、先端に黄色い花が次々と開いたという。

 京都府立植物園によるとアオノリュウゼツランはメキシコ原産で、海外では1世紀に1度だけ開花するとの意味で「センチュリー・プラント」とも呼ばれているという。

 開花後は枯れるが、根元には新しい芽も出てきているといい、北川浩司教頭は「何十年も学校をじっと見守り、節目の年になって花開くなんて神秘的だ。新しい株と新しい歴史をつくっていきたい」と話している。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2270678 0 社会 2021/08/08 14:07:00 2021/08/08 14:49:02 2021/08/08 14:49:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210806-OYT1I50062-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)