ドアにつえが挟まったままバス発進、女性が路上に転倒

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

鹿児島県警察本部
鹿児島県警察本部

 5日午後4時40分頃、鹿児島市谷山中央1の国道225号のバス停で、薩摩川内市の50歳代女性が鹿児島交通の路線バスに乗車しようとした際、バスが発進し、路上に女性が転倒した。女性は軽傷を負い、病院に搬送された。県警鹿児島南署によると、両開きドアに女性のつえが挟まった状態でバスが数メートル進んだため、車外の女性が転んだという。同署は60歳代の男性運転手に話を聞き、詳しい事故の状況を調べる。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2268496 0 社会 2021/08/07 11:17:00 2021/08/07 11:17:00 2021/08/07 11:17:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50095-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)