ペルー由来の「ラムダ株」、国内で初めて確認…羽田到着の女性から

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 南米・ペルー由来の変異した新型コロナウイルス「ラムダ株」が7月に国内で初めて確認されたことが6日、厚生労働省への取材で分かった。通常ウイルスに比べて感染力が強く、ワクチンが効きにくい可能性が専門家から指摘されており、同省は警戒を強めている。

正恩氏「指導幹部の態度や緩み、重大な結果を招いた」…新たに23万人発熱

 ラムダ株の感染は、7月20日に羽田空港へ到着した30歳代女性に対し、検疫所が実施した検査により判明した。女性はペルーの滞在歴があった。

 世界保健機関(WHO)は6月、ラムダ株を警戒度が2番目に高い変異株に位置付けた。国内では今まで確認されておらず、国立感染症研究所は、インド由来で国内感染が広がっている「デルタ株」のように、警戒や注目が必要な変異株と評価していなかった。

新型コロナ特集・最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2267664 0 社会 2021/08/06 22:34:00 2021/08/07 00:04:52 2021/08/07 00:04:52 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210806-OYT1I50229-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)