緊張と暑さが敗因?カピバラの「コブ」、スイカ早食い競争で「金メダル」ならず

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 那須どうぶつ王国(栃木県那須町大島)など全国5か所の動物園が参加する、カピバラのスイカ早食い競争「カピリンピック」が5日、開催された。どうぶつ王国から出場したコブ(雄、1歳)はスイカを食べることなく失格となり、「金メダル」獲得はかなわなかった。

失格となったコブに代わって、スイカの早食いに挑戦したユズ(5日、那須町大島の那須どうぶつ王国で)
失格となったコブに代わって、スイカの早食いに挑戦したユズ(5日、那須町大島の那須どうぶつ王国で)

 スイカの早食い競争は2015年に始まり、今年は動物園に足を運べないカピバラファンにも楽しんでもらおうとSNSで生配信した。今年1月の「長風呂対決」で優勝したコブは、暑さのためか職員が呼びかけても水辺から出てこず、失格に。代わりにユズ(雌、7歳)が大田原産のスイカをほおばったが、皮を残し、完食できなかった。

 どうぶつ王国の広報担当、宮地さくらさんは「甘いスイカを用意したが、緊張と暑さが敗因でしょうか。来年は、この悔しさを胸にリベンジしたい」と話していた。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2268479 0 社会 2021/08/07 11:07:00 2021/08/07 11:07:00 2021/08/07 11:07:00 失格となったコブに代わって、スイカの早食いに挑戦したカピバラのユズ(5日午後1時12分、那須町大島の那須どうぶつ王国で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50077-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)