読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

小田急線切りつけ、逮捕の男「誰でもよかった」…「幸せそうな女性見ると殺したいと」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都世田谷区を走行中の小田急線の電車内で、乗客が刃物で切られるなどして重軽傷を負った事件で、警視庁は7日、川崎市多摩区西生田、職業不詳、対馬悠介容疑者(36)を殺人未遂容疑で逮捕した。けが人は20~50歳代の乗客の男女10人。対馬容疑者は調べに容疑を認め、「誰でもよかった」と供述している。

捜査車両で警視庁成城署に入る対馬容疑者(7日午前6時14分、東京都世田谷区で)=米山要撮影
捜査車両で警視庁成城署に入る対馬容疑者(7日午前6時14分、東京都世田谷区で)=米山要撮影

 発表によると、対馬容疑者は6日午後8時半頃、小田急線成城学園前―祖師ヶ谷大蔵駅間を走行中の上り快速急行電車の7号車で、座席に座っていた都内在住の女子大学生(20)の胸や背中など7か所を刃渡り約20センチの包丁で切りつけ、殺害しようとした疑い。女子大学生は重傷だが、命に別条はないという。

 対馬容疑者はその後、包丁を振り回すなどし、逃げる際に転倒した人も含め、いずれも7号車に乗っていた男性5人と女性4人もけがを負った。

 対馬容疑者は9号車まで移動し、非常用ドアから逃走したが、約1時間半後、約4キロ離れた杉並区のコンビニ店に「犯人です」と名乗り出て身柄を確保された。

 対馬容疑者は「6年前から、幸せそうな女性を見ると殺したいと思っていた。電車なら乗客が逃げ回れないので、大量に人を殺せると思った」と供述しており、警視庁が詳しい動機を調べる。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2268460 0 社会 2021/08/07 11:02:00 2021/08/07 14:59:34 2021/08/07 14:59:34 成城署に入る小田急線内で乗客に切りつけた容疑者(7日午前6時14分、東京都世田谷区で)=米山要撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50093-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)