車両内にサラダ油まき、ライターで着火はかる…小田急乗客10人刺傷の男

 小田急線の車内で乗客10人が刃物で切られるなどして重軽傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された職業不詳の対馬悠介容疑者(36)(川崎市多摩区西生田)が、車両内にサラダ油をまき、ライターで火をつけていたことが警視庁幹部への取材でわかった。燃え広がらなかったが、警視庁は無差別殺傷を狙った疑いがあるとみている。

負傷者とみられる人を搬送する救急隊員ら(6日夜、東京都世田谷区の小田急線祖師ヶ谷大蔵駅で)=池谷美帆撮影

 警視庁幹部や乗客らによると、対馬容疑者は小田急線登戸駅(川崎市多摩区)で、藤沢発新宿行き上り快速急行電車(10両編成)の6号車に乗車。まもなくして前方の7号車に移動すると、電車が成城学園前駅の付近を通過する頃、突然、座っていた女子大学生(20)に包丁で切りかかったという。

 7号車内でさらに包丁を振り回し、周囲の乗客4人ほどに傷を負わせた。その後、前方の8号車に移動すると、持っていたサラダ油を床にまき、ライターで火をつけたが、燃え広がることはなかった。

 「悲鳴が聞こえ、車内を見渡すと、包丁を振り回している男が見えた。大勢が車内を走って逃げていた」。帰宅途中、車内に居合わせた埼玉県川口市の会社員男性(33)は声を震わせた。

 「電車を止めて!」「ドアを開けて!」。怒号が飛び交い、血の付いた服を着た乗客や、靴が脱げたまま逃げ惑う人たちでごった返した。神奈川県の会社員男性(27)は、自分がいる車両に対馬容疑者が入ってこないよう、連結部分のドアを必死に閉めたという。

 電車は、祖師ヶ谷大蔵駅の手前で緊急停止。対馬容疑者は、別の乗客が開けた9号車の非常用ドアから線路に降り、逃走した。

 発生から約1時間後、約400人の乗客は駅員らに誘導されて線路に降りた。血が付いたシャツを着ていた男性は、「自分がどうやって逃げたのか覚えていない。とにかく必死だった」と振り返った。

コンビニ店前の路上で、対馬容疑者を乗せた捜査車両。付近を警察官が取り囲み、物々しい雰囲気となった(6日午後10時45分頃、東京都杉並区で)

 6日午後10時頃、祖師ヶ谷大蔵駅から北に約4キロ離れた杉並区高井戸西のコンビニ店に現れた対馬容疑者は「疲れてこれ以上は人を殺せないと思った」と話したという。同店に買い物に来ていた近くの中学2年の男子生徒(13)は、「店に入ったら男が警察官に囲まれていた。暴れる様子はなく、おとなしく車に乗せられていた」と話した。

 対馬容疑者は、小田急線読売ランド前駅近くの住宅街にある2階建てアパートで一人暮らしをしていた。部屋の網戸は破れ、ひび割れた窓ガラスは、粘着テープで補修されていた。

 真下の階に住む無職男性(73)は、4年前に引っ越して来た際、対馬容疑者とあいさつを交わしたという。「『よろしくお願いします』と言って、普通の人にみえた」と印象を語る。その後もトラブルはなく、男性は「凶悪な事件を起こすような人には見えなかった」と驚いていた。

 電車内で乗客が刃物などで襲われる事件は、過去にも起きている。

 1995年3月の地下鉄サリン事件では、営団地下鉄(現・東京メトロ)の日比谷線など3路線の5車両に猛毒のサリンがまかれ、13人が死亡、6000人超が負傷した。

 2015年6月には、神奈川県内を走行中の東海道新幹線で男が焼身自殺を図り、巻き添えになった女性1人が死亡し、20人以上が重軽傷を負った。18年6月にも、神奈川県内を走行中の新幹線車内でナタを持った男が乗客を切りつけ、男性1人が死亡、女性2人がけがを負っている。

 こうした事件を受け、鉄道各社は16年にガソリンなどの可燃性液体の車内持ち込みを禁じたほか、19年には 梱包こんぽう していない刃物の持ち込みも禁止。小田急線では、車両への防犯カメラの設置が進められており、今回事件が起きた車両にもあったという。

無断転載・複製を禁じます
社会
ページTOP