「逃げ場ない電車内なら大量に殺せると思った」…小田急切りつけの36歳男

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京都世田谷区を走行中の小田急線車内で6日夜、乗客10人が刃物で切られるなどして重軽傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕された自称派遣社員、対馬悠介容疑者(36)(川崎市多摩区西生田)が調べに「逃げ場のない電車内なら大量に人を殺せると思った」と供述していることが警視庁幹部への取材でわかった。警視庁は、無差別に乗客を襲ったとみている。

捜査車両で警視庁成城署に入る対馬容疑者(7日午前6時14分、東京都世田谷区で)=米山要撮影
捜査車両で警視庁成城署に入る対馬容疑者(7日午前6時14分、東京都世田谷区で)=米山要撮影

 東京五輪・パラリンピックに合わせ、鉄道各社は首都圏の主要駅などで巡回や防犯カメラなどによる警備を強化している。事件を受け、国土交通省は7日、各社に警戒・監視の再徹底を求める通知を出した。

負傷者とみられる人を搬送する救急隊員ら(6日夜、東京都世田谷区の小田急線祖師ヶ谷大蔵駅で)=池谷美帆撮影
負傷者とみられる人を搬送する救急隊員ら(6日夜、東京都世田谷区の小田急線祖師ヶ谷大蔵駅で)=池谷美帆撮影

 警視庁の発表によると、対馬容疑者は6日午後8時半頃、成城学園前―祖師ヶ谷大蔵駅間を走行中の上り快速急行の車内で、都内の女子大学生(20)の胸など7か所を包丁で切りつけ、殺害しようとした疑い。女子大学生は重傷。互いに面識はなく、対馬容疑者は「幸せそうな女性を殺したいと思っていた。誰でもよかった」と供述している。

 対馬容疑者は6日午後、自宅近くの読売ランド前駅(川崎市)から小田急線に乗り、登戸駅(同)で快速急行に乗り換えていた。「乗客が途中で降りられない快速急行を狙った」とも話しているという。

 他の負傷者9人は女子大学生と同じ車両の乗客で、刃物で切られたり、転倒したりした。対馬容疑者は、前方の車両に移動した後、自宅から持ってきたサラダ油を床にまいてライターで火をつけたが、燃え広がらなかった。

 乗客が運転士らに状況を伝え、電車は祖師ヶ谷大蔵駅の数十メートル手前で緊急停止した。対馬容疑者は線路に降りて逃走したが、同日午後10時頃、杉並区のコンビニ店に「自分が犯人だ」と名乗り出ていた。

スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2269055 0 社会 2021/08/07 19:43:00 2021/08/07 19:43:00 2021/08/07 19:43:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210807-OYT1I50196-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)