読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

ふるさと納税60万円でマツタケ狩り…前日はホテルに宿泊し「松茸づくし膳」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岩手県岩泉町はふるさと納税の返礼品として、マツタケの収穫を体験できる「岩泉 松茸まつたけ 狩り&岩泉松茸づくし膳」を新たに追加した。

 寄付金額は60万円。4組8人限定で、9月中旬~10月初旬に1泊2日の日程で行う。前日に町内のホテルに宿泊し、マツタケをふんだんに使った夕食を楽しんだ後、翌日の午前に案内人が同行して町所有の試験林に入山し、約1時間マツタケ狩りを楽しむことができる。収穫の目安は1組2キロまでで、不作や悪天候で収穫できなかった場合には、5万~10万円分の収穫済みのマツタケや町の特産品の詰め合わせが贈られる。その他、国天然記念物・龍泉洞の入洞券ももらえる。

 町ふるさと振興室は「マツタケ狩りはそう簡単に経験できるものではない。実際に足を運んでもらい、町の魅力も知ってもらえたら」とPRしている。

 申し込みは、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」や町役場で受け付ける。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、申し込み時点で緊急事態宣言の対象となる自治体からの申し込みは不可。問い合わせは町ふるさと振興室(0194・22・2111)へ。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2280621 0 社会 2021/08/12 20:44:00 2021/08/12 20:44:00 2021/08/12 20:44:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)