読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

沖縄県、感染拡大で陸自に災害派遣要請…看護官らが医療支援

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

沖縄県庁
沖縄県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄県は12日、陸上自衛隊に災害派遣要請を行った。期間は同日から25日まで。陸自の看護官ら5人が入院調整を必要とする患者の「待機ステーション」で、健康管理や医療支援を行う。

 県では7月下旬以降、新規感染者数や療養者数が過去最多を更新する日が続き、感染拡大に歯止めがかからない状況が続いている。11日も過去2番目となる638人の感染が確認された。県は「沖縄本島ではコロナ用の病床がほぼ満床の危機的な状態で、入院調整や自宅療養者の容体急変時への対応が困難な事態となっている」と要請の理由を説明している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2279205 0 社会 2021/08/12 11:19:00 2021/08/12 11:19:00 2021/08/12 11:19:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210812-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)