知事会、政府にロックダウンのような手法の検討求める…「制御できない局面にある」

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 新型コロナウイルスの感染急拡大について、全国知事会は13日、「感染爆発と医療 逼迫ひっぱく の打破に向けた緊急声明」を発表した。政府に対し、ロックダウン(都市封鎖)のような手法の検討など、「前例にとらわれない対策」を求めた。

4月の訪日外国人客、14万人…水際対策緩和
新型コロナウイルス
新型コロナウイルス

 声明では、都道府県や市区町村で感染が制御できない局面にあると指摘。〈1〉緊急事態宣言やまん延防止等重点措置は、知事の要請に即座に対応する〈2〉医療人材・医療提供体制を全国で調整する仕組みを迅速に構築する――ことを求めた。

 首都圏の1都3県の知事も同日、人流抑制に向けた統一的な指針や財政措置などを国に要請した。

新型コロナ特集・最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2283027 0 社会 2021/08/13 19:16:00 2021/08/14 00:22:47 2021/08/14 00:22:47 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210813-OYT1I50107-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)