読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

薬品保温用の機械から火、学生が119番…東大火災で警備員が軽症

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

消火活動を行う消防隊員ら(15日午前11時頃、東京大学で)=藤原聖大撮影
消火活動を行う消防隊員ら(15日午前11時頃、東京大学で)=藤原聖大撮影

 15日午前9時頃、東京都文京区本郷の東京大学本郷キャンパス内にある薬学系総合研究棟2階の一室から出火、10階建て建物の2、3階の一部計約70平方メートルを焼いた。30歳代の警備員が建物内から避難する際に煙を吸ったが、軽症。

 警視庁本富士署幹部によると、出火当時、火元の部屋は無人で、実験のため訪れた男子学生が薬品を温める機械から火が出ているのに気づき、119番した。機械は24時間稼働していたといい、本富士署が出火原因を調べている。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2286209 0 社会 2021/08/15 11:10:00 2021/08/16 10:06:32 2021/08/16 10:06:32 消火活動を行う消防隊員ら(15日午前11時頃、東京大学で)=藤原聖大撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210815-OYT1I50030-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)