慶応大、職域接種用ワクチン20回分を紛失…原因は不明

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 慶応大は16日、職域接種用の新型コロナウイルスワクチン20回分を紛失したと発表した。ワクチンは米モデルナ製で、三田キャンパス(東京都港区)内の冷蔵庫に保管していた。原因は不明という。

国内のコロナ新規感染1万6593人…東京の1週間平均は23%増
慶応大学三田キャンパス
慶応大学三田キャンパス

 発表によると、4日に冷蔵庫からワクチンを取り出し、シリンジ(注射筒)へ分ける作業をした際、紛失が判明。職員に聞き取りを行い廃棄物も確認したが、見つからなかった。

 慶応大では、6月から学生らに職域接種を実施していた。今後の接種への影響はないという。

新型コロナ・都道府県別感染者数や最新ニュース
スクラップは会員限定です

使い方
「社会」の最新記事一覧
2288627 0 社会 2021/08/16 19:25:00 2021/08/17 10:16:02 2021/08/17 10:16:02 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210816-OYT1I50074-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)