読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

25年以上前に免許失効の男がひき逃げか、事故車は地中から発見

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

長野県警察本部
長野県警察本部

 長野県佐久市内で昨年1月に起きたひき逃げ事件で、県警佐久署と県警交通指導課は16日、住所不定、解体業の男(58)を自動車運転死傷行為処罰法違反(無免許過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で再逮捕した。

 発表によると、男は昨年1月3日未明、無免許で軽乗用車を運転し、佐久市岩村田の県道交差点で、御代田町の会社員男性(当時20歳)の乗用車と出合い頭に衝突。男性に頭部打撲の軽傷、同乗の埼玉県蕨市の会社員男性(同)に頭蓋骨骨折で意識不明となるけがを負わせたのに現場から立ち去った疑い。容疑を否認しているという。

 県警は今年3月、佐久市内で地中に埋められていた事故車を発見。同20日に男が市内で無免許で車を運転したとして、道交法違反(無免許運転)容疑で5月に逮捕していた。25年以上前に免許を失効していたという。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2289678 0 社会 2021/08/17 07:45:00 2021/08/17 07:45:00 2021/08/17 07:45:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210816-OYT1I50141-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)