読売新聞オンライン

メニュー

ニュース

動画

写真

スポーツ

コラム・連載・解説

発言小町

漫画

教育・受験・就活

調査研究

紙面ビューアー

その他

サービス

読売新聞のメディア

購読のお申し込み

読売新聞オンラインについて

公式SNSアカウント

阪急梅田本店で89人クラスター、6割弱が1階と地下1階に集中

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 阪急阪神百貨店は16日、阪急百貨店梅田本店(大阪市)で、新型コロナウイルスのクラスター(感染集団)が発生し、17日から地下1階の食品売り場や、1階のアクセサリー売り場などを休業すると発表した。従業員89人の感染が確認された。再開時期は未定。

 親会社のエイチ・ツー・オーリテイリングによると、7月27日から8月16日までの間にコロナ陽性者が確認され、16日付で大阪市の保健所からクラスターと認定された。このうち6割弱が地下1階と1階に集中していた。今後、感染者と接触した可能性がある従業員ら計約3000人にPCR検査を実施する。

 同社傘下の百貨店では、阪神百貨店梅田本店でもクラスターが発生し、7月末に全館を休業。20日に全館再開を予定している。

無断転載・複製を禁じます
スクラップは会員限定です

使い方
2289626 0 社会 2021/08/17 07:13:00 2021/08/17 23:05:41 2021/08/17 23:05:41 https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/08/20210817-OYT1I50028-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)